トピックス 名古屋市

【レゴランドジャパン名古屋】アトラクションやチケット情報!

更新日:

東京のディズニー・リゾート、大阪のユニバーサルスタジオジャパン。ついに名古屋にも、第3のテーマパークと期待される大型テーマパーク・レゴランドジャパンがオープンします。

レゴランドは、11歳以下の子供を連れた家族のためのテーマパーク。ここで出会える40種類超のアトラクションは、ぜーんぶ子供向けなのです。子供用アトラクションがこれだけ豊富に集まった遊園地は、日本で初めてではないでしょうか。

子供と一緒に楽しみたい!レゴランドの魅力を、アトラクションを中心にご紹介していきます♪

スポンサーリンク

レゴランドってなに?

レゴランドは、子供の大好きなレゴブロックの制作会社・レゴが運営するテーマパークです。第一号は1968年にデンマークでオープン。現在は世界6カ国、7か所にレゴランドがあるんですよ♪

  • デンマーク
  • イギリス
  • アメリカ(カリフォルニア、フロリダ)
  • ドイツ
  • マレーシア
  • ドバイ

今回名古屋にオープンするレゴランドジャパンは、世界で8番目のレゴランド。今後は韓国や中国にも新たなレゴランドがオープンする予定なので、アジアでレゴランド人気が広まっていきそうですね。

イギリスにあるレゴランドの年間入場者数は、約200万人といわれています。レゴランド社長の計画によると、このレゴランド・ジャパンの初年度の年間入場者数の目標も200万人だとか。

2016年のテーマパークの入場者数をみると、3位のハウステンボスが約300万人、4位のサンリオピューロランドが158万人。TDR、USJに続く第三のテーマパークになると熱い期待が寄せられているのです。

大阪やお台場にあるレゴランドとは何が違うの?

「え?レゴランドなら、大阪やお台場にもあるじゃん」

レゴランドオープンと聞いて、そう思った人もいるのでは?そうなんです、お台場と大阪にも既にレゴのテーマパークがあるんです!

レゴランドと呼ばれることもあるこの2つのテーマパークですが、正式名称はレゴランド・ディスカバリー・センター。ディスカバリー・センターは、規模が小さい屋内型のレゴランドを指します。

今回オープンするレゴランドジャパンは、大規模な屋外型の遊園地です。レゴランド・ディスカバリー・センターは18歳以上の大人のみの入園は不可ですが、こちらのレゴランドジャパンは大人だけでも入園可能と色々な違いがあるのです。

どんなアトラクションが楽しめるの?

遊園地で一番大切なのはアトラクションですよね♪
ここレゴランドには、中世、海族、冒険など世界観の異なる7つのエリアに、40種類以上のアトラクションがあります。

レゴランドの気になるアトラクションを、エリア別にご紹介していきます。

1.ファクトリー

その名の通り、レゴを作る工場をイメージしたエリアです。アトラクションの他、世界最大級のレゴショップ、サンドウィッチ専門店やアイスクリームショップもあります。

レゴ・ファクトリー・ツアー

レゴランドの旅の第一歩にぴったり!レゴがどうやって作られているのかがわかる、工場見学型のアトラクションです。子供たちには出来たてのレゴブロックをプレゼント。

2.ブリックトピア

レゴを使って想像力を自由に発揮させる、レゴランドで初めて登場したエリアです。5つのアトラクションと、カラフルで想像力をかき立てるスラッシュドリンクが楽しめるフードスタンドがあります。

ブリック・パーティ

パークに入って一番最初に目に入る、レゴでできた可愛らしいメリーゴーランドです。
130cm未満の子供は大人の付き添いが必要です。

ビルド・アンド・テスト

レゴブロックを使って色々なものを組み立てて遊ぶアトラクションです。
車を作ってレースをしたり、魚を泳がせたりすることもできちゃいます。

キャット・クラウド・バスターズ

ロープを引っ張って、頂上を目指して登っていくブランコのような見た目のアトラクション。
105cm以上130cm未満の子供は大人の付き添いが必要です。

デュプロ・エクスプレス

未就学児の小さな手でも遊べる、大きめサイズのレゴ・デュプロ。
デュプロで作られたカラフルな列車にのって、デュプロの世界を旅するアトラクションです。

デュプロ・プレー

大きめサイズのレゴブロック・デュプロで遊べるアトラクションです。
まだ小さなレゴブロックで上手に遊べない未就学児には、こちらのアトラクションがおすすめです。

3.アドベンチャー

探検家になって、大昔の遺跡や深海を探索しよう!夢と冒険がいっぱい詰まったエリアです。好奇心を刺激する7つのアトラクションのほか、古代遺跡やアドベンチャーをテーマにしたアーティファクトショップもあります。

ビートル・バウンス

虫型のベンチに腰かけて、約5メートルの高さまで持ち上げられてぴょんぴょん跳ねるアトラクションです。
乗車できるのは90cm~140cm。大人の付き添いは不要です。

カーゴ・エース

勇敢なパイロットになって、大空を飛びまわる飛行機型のアトラクションです。
90~130cm未満は大人の付き添いが必要です。

ロスト・キングダム・アドベンチャー

レーザーガンを操って、盗まれた宝物を取り戻すため、古代寺院の遺跡を探検するライド型のアドベンチャーです。
130cm未満の子供は付き添いが必要です。

ファラオ・リベンジ

ちょっと怖い名前ですが、ボールで埋め尽くされたボールプールのようなアトラクションです。

スクイッド・サーファー

ずぶ濡れ注意!ジェットスキーに乗って、たっぷり水しぶきをあげちゃうスリルたっぷりのウォーターアトラクションです。
105cm以上から130cm未満の子供は付き添いが必要です。

サブマリン・アドベンチャー

レゴダイバーの一員になって、海底にある秘密の古代遺跡を探検するアトラクションです。
130cm未満の子供には付き添いが必要です。

シークレット・チャンバー・アムセトラ

レゴアドベンチャーをテーマにした、レゴブロックで自由に遊べる秘密の部屋です。

4.ナイト・キングダム

扉をくぐればそこは騎士の王国!ちょっと不気味で可愛らしいドラゴンに乗って、中世の世界を駆け巡ろう!

ドラゴンズ・アプレンティス

小さな子供でも楽しめるキッズ用のジェットコースターです。
見た目はミニでもスリル満点!90cm~130cmの子供は大人の付き添いが必要です。

ザ・ドラゴン

ドラゴンに乗って中世のレゴワールドを駆け巡る、ジェットコースターです。
105cm~130cm以上の子供は大人の付き添いが必要です。190cm以上の高身長の人はご利用いただけません。

マーリン・チャレンジ

汽車が素早く坂道をくるくる回る、ちょっとスリリングなメリーゴーランドです。
105cm~130cmの子供は付き添いが必要です。

マーリン・フライング・マシーン

ペダルをこげば、くるくる回りながらどんどん上にあがっていて空に飛べちゃう!魔法の乗り物アトラクションです。
90cm~130cmの子供は大人の付き添いが必要です。

5.パイレーツ・ショア

荒くれものの海賊たちと、サメがうようよ泳ぐ海へと出発しよう!スリリングな海賊船アトラクションのほか、海をテーマとしたグッズショップもあるよ。

アンカー・アウェイ!

前後左右に大きく揺れる海賊船アトラクションです。
90cm~130cmの子供は大人の付き添いが必要です。

キャスタウェイ・キャンプ

海賊船をモチーフにしたアスレチック型のプレイエリアです。
ネットやすべり台で元気いっぱい遊ぼう!

スプラッシュ・バトル

海賊船に乗り込んで、水の出る大砲を打って他の海賊たちをやっつけよう!
130cm未満の子供には大人の付き添いが必要です。

6.Miniland

ここはレゴで出来た小さな日本!レゴで作られた東京、大阪、名古屋、京都の町並みを楽しむことができます。

Miniland

1,000万個のレゴで作られた日本を観光しよう!
見どころは、200万個のレゴを使って作られた全長2mにもなる巨大な名古屋城。その精巧な作りに子供も大人もびっくりするはず!

7.レゴシティ

ここレゴシティでは、子供も車の運転を学んでドライバーズライセンスを取ることができます。
ボートを運転したり、消防士になって火事を食い止めたり、様々な体験をできるアトラクションがいっぱいです。

シティー・エアポート

高く飛んだり、低く飛んだり、自分で操縦できる飛行機タイプのアトラクションです。
80cm~130cmの子供には大人の付き添いが必要です。

コースト・ガード・エイチキュー

コースト・ガード本部に入隊して、モータボートでくねくねした水路を進むアトラクションです。
130cm未満の型は付き添いが必要です。

ジュニア・ドライビング・スクール

3歳~5歳の子供向けのドライビングスクールです。
レゴでできた簡単操作で動く車を動かして、レゴランドドライバーズライセンスをもらおう!

ドライビング・スクール

6歳から13歳向けの自動車アトラクションです。
ビデオで交通安全を学んだら、信号や交差点もある本物そっくりのコースでドライバーデビュー。運転をマスターしたらレゴランドドライバーズライセンスがもらえるよ。

レゴ・シティー・ポリス・ビルディング・エクスペリエンス

レゴブロックを使って自分の好きなレゴシティを作れるアトラクションです。

パレス・シネマ

雨や風といった特集効果を体験できる、4Dムービーの映画館です。
座席数は300席以上!

レスキュー・アカデミー

体力、スピード、チームワークが試される!レゴ消防車に乗って、燃えるビルを消化する消防士になれちゃうアトラクションです。
90cm以上130cm未満の子供は付き添いが必要です。

ザ・ワーフ

港町をモチーフにした、プレイエリアです。
船やレーダー室を探検して、船乗りになりきっちゃおう!

小さな子供でもアトラクションは楽しめる?

レゴランドは、3歳以上の子供が有料になります。3歳の子供で身長が90cmを超えていれば、数個のスリリングなアトラクションを除いたほとんどのアトラクションを楽しむことができます。

2歳以下の子供でも楽しめそうな、電車、プレイエリア、ボールプールなどのアトラクションも充実しています。

園内のレストランではどんな食事が楽しめる?

レゴランド内には10軒のレストランがあります。食べられるものは、ピザ、ホットドッグ、ハンバーガーなどの子供たちが大好きな軽食が中心。

一部のレストランにはアレルギーフードの準備もあるので、アレルギー持ちの子供と一緒でも安心ですよ。

チケットはいくら?どこで買えるの?

チケットが割高だと、ネットを中心に話題のレゴランド。どうにか安くレゴランドを楽しむ方法はないのでしょうか?

1デイパスは子供が2大パークよりも割高に

入園日指定の1デイパスポート

  • おとな(13歳以上) 6,900円(税込)
  • こども(3歳以上) 5,300円(税込)

レゴランドでは入場券の発売はなく、1デイパスポートのみの取り扱いとなっています。この価格が、東京ディズニーランド・ユニバーサルスタジオと並ぶほど高額だとネットを中心に話題になっているのです。

大人のパスポート料金は2大パークより数百円安いのですが、問題は子供料金。

TDRの4,800円、USJの5,100円よりも高いんです!しかもTDRとUSJは子供料金が掛かるのは4歳からで、3歳児は無料。日本一子供用アトラクションが充実しているだけあって、料金も日本一高いんですね(泣)

子供の人数が多い家族ですと、TDRやUSJよりも高くついてしまうこともあるかもしれません。

年間パスポートなら3回いけば元がとれちゃう!

年間パスポート

  • おとな(13歳以上) 17,300円(税込)
  • こども(3歳以上) 13,300円(税込)

2017年4月1日から1年間有効

 
1デイパスポートはかなり値段が高いですが、その分年間パスポートはぐっとお手頃な設定になっているんです。

USJの大人用年間パスポートは、34,800円、TDRの大人用年間パスポートは63,000円。元を取ろうとすると一年間に何度も通わなければなりませんが、レゴランドは3回遊びに行けば十分元をとることができます。

購入は公式HPかセブンイレブンで

チケットの販売は、現在のところ公式HPとセブンチケットのみとなっています。公式HPでの支払い方法は、クレジットカードのみで現金は不可。

現金で支払いたい人は、セブンイレブン店内にあるマルチコピー機を利用してセブンチケットで購入するのが良さそうです。

参考セブンチケット

場所はどこ?イタリア村の跡地?

住所:愛知県名古屋市港区金城ふ頭2

レゴランドは、名古屋市港区の金城ふ頭に開園します。マンモスフリーマーケットやクリエーターズマーケットというイベントが開催される名古屋市国際展示場・ポートメッセなごやのお隣ですね。

一部では、開業後3年で経営破綻で営業を終了した名古屋港イタリア村の跡地だと噂がありますが、これは間違いです。名古屋港イタリア村があったのは、名古屋港水族館があるガーデンふ頭。

イタリア村の跡地では、現在ハーバーガーデンというBBQレストランが営業中なんですよ。

参考ハーバーガーデン

パークまでのアクセスは?

電車:名古屋駅から名古屋臨海高速鉄道あおなみ線で10駅24分、駅からパークまで徒歩10分

今のところ、公共交通機関でのアクセスは非常に不便と言わざるをえません。あおなみ線は、週末でも電車の運行間隔が15分に1本。その上4両車両で乗れる人数が非常に少ないため、大変な混雑が予想されます。子連れでの移動にはちょっとしんどい環境ですよね。

自動車:伊勢湾岸自動車道・名港中央IC降りてすぐ

現在、レゴランドそばには5,000台収容の駐車場が建設中です。オープンしてしばらくは周辺道路の渋滞が予想されますが、家族連れなら車でのお出かけのほうが何かと便利でしょう。

営業時間などまだ正式に発表されていない情報も多いですが、楽しそうな雰囲気が動画やHPから伝わってきて、見ているだけでもワクワクしますね♪GWの予定がまだ決まっていない方は、オープンしたてで話題沸騰のレゴランドも候補に入れてみてはいかがですか?

アトラクションや食事、ホテルなどから子供連れにおすすめなのはどこなのか?比較してみました。
レゴランドVS2台テーマパーク!子供が楽しめるのは?違いを徹底調査・比較!

もうすぐ名古屋にオープンするレゴランドは、11歳以下の子供を連れた家族をターゲットにした世界的に人気のテーマパーク。 1デイパスポートの価格は、大人6,900円。2大テーマパークと呼ばれる、東京ディズ ...

続きを見る

-トピックス, 名古屋市

Copyright© Sourire(スーリール) , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.